蹴速~しゅうそく~【サッカーまとめ】

世界のサッカーニュース速報&まとめ


    1: ◆Grampus/xc @しばみみ ★@\(^o^)/ 2014/08/01(金) 00:00:55.07 ID:???0.net BE:123479591-PLT(13001)

    単独初来日のネイマール「香川と本田は尊敬する選手」
    SOCCER KING 7月31日(木)23時35分配信

    no title

    イベントで笑顔を見せるネイマール<写真提供:フジテレビ>

     バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが31日、フジテレビの夏イベント
    「お台場新大陸2014~地図にないキミだけの宝島~」に登場した。

     同イベントでは、トークショーも実施。日本代表で気になる選手を問われると、
    マンチェスター・UのMF香川真司とミランのMF本田圭佑を挙げた。

    「香川選手と本田選手は、すごく尊敬する選手。(理由は)2人ともすごい選手なので、それに尽きる」

     ネイマールは同日に、単独では初となる来日。8月1日まで滞在する予定となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00216582-soccerk-socc


    引用元: 【サッカー】単独初来日のネイマール「香川と本田は尊敬する選手」


    【【フジテレビ→ハジ(恥)テレビ馬鹿すぎワロタw】単独初来日のネイマール「香川と本田は尊敬する選手」】の続きを読む


    1: プーアル ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 13:32:02.15 ID:???0.net

    日本代表のハビエル・アギレ新監督(55)が、初陣となる9月5日のウルグアイ戦(札幌ド)、
    同9日のベネズエラ戦(日産ス)のキリンチャレンジ杯2試合に向けたメンバー発表会見を8月28日に予定していることが30日、分かった。
    メキシコ・メディアには戦術面に言及し、5バックを導入する考えを明言。メンバー構成が一気に変わる可能性も出てきた。

    Xデーが定まった。日本協会関係者によると、アギレ・ジャパン初のメンバー発表を8月28日に予定していることが判明。
    同月10日過ぎに来日予定のアギレ監督はJリーグ2節と天皇杯を視察し、23人前後のメンバーを決定する。

    構成は大きく変化する可能性が出てきた。アギレ監督がメキシコのサイト「メディオ・ティエンポ」で、戦術面に初めて言及。
    「メキシコ人と日本人は体格が似ている。5人のディフェンスラインで守ってボールを奪い、そして攻める。
    そういうサッカーをやるアイデアがある」と5バックの導入構想を明かしたのだ。

    4-2-3-1布陣での攻撃サッカーを掲げていたザック・ジャパンからの大変革となる。
    初陣こそ前任者の流れを引き継ぐ可能性もあるが、塩谷(広島)、槙野(浦和)、鈴木大(柏)ら所属クラブで3バックをこなすDF陣や、
    MF細貝(ヘルタ)ら守備力のあるボランチが台頭する可能性は高い。

    ブラジルW杯では5バックを導入したメキシコ、オランダ、アルゼンチン、チリ、コスタリカの全5カ国が16強に進出した。
    堅守速攻をベースに攻撃的な左右ウイングを置くことで、守備を安定させながら縦へのスピードを加えられる結果重視の戦術だ。

    アギレ監督は「日本のサッカーはスピードと技術に優れるが、したたかさに欠ける。ラテンのずる賢さを伝えたい」と意図を説明した。
    「コンフェデレーションズ杯(2018年ロシアW杯のプレ大会)の出場権を取るためにも優勝しなければならない」と、
    来年1月のアジア杯制覇を最初の公約に掲げた新監督。すでに映像で日本選手の分析を進めており、まずは「8・28」の顔ぶれが注目される。

    サンケイスポーツ 7月31日(木)5時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00000501-sanspo-socc

    2014/07/31(木) 05:33:34.94
    【サッカー】5バック導入!新生アギレ・ジャパン、8・28メンバー発表!!
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1406752414/


    引用元: 【サッカー】5バック導入!新生アギレ・ジャパン、8・28メンバー発表!!★2



    image

    【【ホントかよ】5バック導入!新生アギレ・ジャパン、8・28メンバー発表!!★2】の続きを読む


    1: まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 16:06:33.10 ID:???0.net

    サッカーダイジェストWeb
    2014年07月31日00時00分

    【移籍市場速報】ガーナ代表A・アユーがミラン加入に前向き

    「左利きの右ウイング」の補強を進めているミランが、アレッシオ・チェルチ、ホエル・キャンベルと並んで候補にリストアップしているのが、
    ガーナ代表のアンドレ・アユー(マルセイユ)だ。

    今のところはまだ検討段階であり、具体的な交渉には至っていないが、アユー本人は移籍に前向きで、
    ミランのリストに自分の名前が挙がっていることを知って以降、QPRやディナモ・モスクワからの好条件のオファーを断り、
    ミランから声がかかるのを待っている。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9099756/


    引用元: 【サッカー】本田に逆風?“左利きの右ウイング”ガーナ代表FWアンドレ・アユーがミラン移籍に前向き



    image

    【【そうでもないだろ?だって…】本田に逆風?“左利きの右ウイング”ガーナ代表FWアンドレ・アユーがミラン移籍に前向き】の続きを読む


    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 10:21:36.06 ID:???i.net

    ゲキサカ 7月31日 10時11分配信

     ギネス・インターナショナル・チャレンジ杯のグループA第2節が30日に行われ、ローマ(イタリア)がレアル・マドリー(スペイン)を1-0で下した。

     試合前には“事件”が発生。両チームの選手が整列し、握手を交わす場面で、R・マドリーのDFペペとローマのMFセイドゥ・ケイタが握手を拒否。
    ケイタが水の入ったペットボトルをペペに投げつけるなど、両チームの選手が入り乱れての一触触発状態となった。

     これを受けて、ケイタは自身のTwitterを更新。ペペに対して、ペットボトルを投げつけた理由を説明した。
    「ペペは以前のクラシコで自分をサル呼ばわりしたから、僕は彼と握手をしなかった。そうしたら彼は僕へ唾を吐いた。
    だから、ペットボトルを投げつけたんだ」。

     事の発端は2012年1月22日のバルセロナ対R・マドリー戦にあったことを明かした元バルセロナのMFは「自分の振る舞いを申し訳なく思う」と謝罪した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00137753-gekisaka-socc


    引用元: 【サッカー】ペペへペットボトル投げつけたケイタ「以前のクラシコでサル呼ばわりされたから」



    image


    【動画】
    【ペペへペットボトル投げつけたケイタ「以前のクラシコでサル呼ばわりされたから」】の続きを読む


    1: まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 02:37:35.45 ID:???0.net

    Sports Watch

    2014年07月30日19時32分

    元バルセロナ主将のカルレス・プジョル氏がモデル美女と奇妙な組体操

    昨シーズン限りでバルセロナを退団し、チームのフロント入りしたカルレス・プジョル氏が、
    その強靭な肉体を誇示するような摩訶不思議な体操の写真を公開した。

    この画像でプジョル氏は、ガールフレンドの女性を手足で持ち上げる組体操のようなポーズを公開。

    持ち上げられているガールフレンドが、スペインの有名モデル、バネッサ・ロレンゾさんであることも本国メディアでは話題となっている。

    昨シーズン、膝のケガが理由で引退したプジョル氏。
    彼の後任となる守備の要を見つけるべく、チームは選手獲得に苦労しているようだが、
    ガールフレンドを足で持ち上げる姿を見ると、まだまだ現役でも大丈夫なのでは、とさえ思ってしまう。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9096787/
    no title


    プジョル氏のinstagramアカウント
    http://instagram.com/carles5puyol


    引用元: 【サッカー】元バルサ主将のプジョル氏、モデル美女と奇妙な組体操(画像あり)



    image
    【【本人マジなんだろうがワロえるww】元バルサ主将のプジョル氏、モデル美女と奇妙な組体操(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ